REALFORCE R2 テンキーレス 「PFU Limited Edition」 の使用感

2年間、同じ職場で頑張ってくれてた後輩への餞別として
REALFORCE R2 テンキーレス 「PFU Limited Edition 英語配列(税別:28,500円)

をプレゼントしました。

使用感を事細かに送ってくれたため、今回ブログとして掲載することにしました。

「間違いなく、いままであったキーボードのなかでNo.1」

こんな梱包で届きました!


さすがは高級キーボード。厳重な梱包で、宝石箱のような箱に商品が入っていました。

セット内容

キーボード本体PZ-R2TLSA-US4-BK×1 に加えて

  • 一体型キースペーサー×2
  • キーキャップ引き抜き工具×1
  • 交換用CapsLockキーキャップ×1
  • 交換用Ctrlキーキャップ×1

が入ってました。

REALFORCEの打鍵感

  • 打ち心地の良い打鍵感
  • 柔らかすぎず、固すぎない、良い塩梅の押し心地
  • 音は本当に静音。押した感覚が心地よい
  • それぞれのキーが指にフィットするような形状で、よく馴染む。
  • タイピング好きにはたまらないキーボードだと思われます

一時間くらい作業していて疲れるか

特に疲れることはありません。
むしろ打鍵感が良すぎるのでもっと打ちたくなります。キータッチもめちゃくちゃ軽いので、個人的に疲れる要素はありません。キーボードの高さが若干あるので、人によってはそれが疲れてしまうと感じるケースはあるかもしれません。

英語配列という点について

いままでガッツリと英語配列というものを使ったことがなかったので、最初はちょっと戸惑いました。日本語配列に慣れた自分のイメージがある状態だと、キーボードに印字されてるものと異なる時があるので、慣れない間は打ち間違えてしまいます。よく、[Enter]と[その上のカッコのキー]を押してしまいがち。

キーボードにはひらがなの印字がないので、ごちゃごちゃした印象はありません。シンプルなデザインを好む人にはもってこいです。

使ってみた感想

各キーの触り心地もよく、さらっとしたマットな質感がたまらない。これは実際に見て、触れてみないと、伝わらないかもしれません。なんといっても、打ち心地が良いです。

おすすめしたいところ

打ち心地がほかのキーボードとは比較にならないぐらいに打ちやすく、静か。これに勝つものはそう簡単にないと思います。好みの問題はさておき。一言で言うと上品な感じです。

個人的にはシンプルなデザインも気に入っていて、それでいて、こんなに打ちやすいとは素晴らしいの一言です。

一度この感触を味わってしまうと、他のキーボードを使ったときに
「あ、やっぱりREALFORCEが良いわ」
と思ってしまいます。

こんな人におすすめ!

  • タイピング好きな人
    本当に打ち心地がいいので、タイピングが好きな人には多分たまらないと思います。軽いタッチで打てるので、その点もおすすめです。
  • キーボードに慣れない人
    各キーが指にフィットするようになっているので、すぐに馴染むと思います。それもあって本当に打ちやすい。
  • ブラインドタッチを習得したい人
    キーがフィットする、境目がきっちりしていて、キーの間隔が良い感じにあいているので、場所をすぐに覚えるようになると思います。ホームポジションの部分がしっかりと凸っとなってるのもいい感じ。

↓ちなみに、NumLockを押すことで、キーの前に書かれた数字や記号がつかえるようになります。


ここまでが、後輩の感想です!
別れ自体は非常に残念ではありますが、次の就職活動の場や、職場でも活躍してくれたらいいなって思います。
ひとまず後輩ちゃんよ、ご武運を!!