UnetbootinでUbuntuをインストール

必要なもの

  • インストール対象のPC×1
  • USBフラッシュメモリ×1
    (4GBくらいあればOK)
  • ネットワーク環境

ダウンロードしてくるもの

作業の概要

Windowsの入っているPCで、WindowsとUbuntuをデュアルブートできるようにする。
※電源立ち上げ時に、どちらのOSを選ぶのかを選択できる状態にします。

手順

インストール手順

  1. USBディスクを刺す
  2. unetbootin.exe を起動。ISOファイルを選択して、USBディスクを「Ubuntu起動用ディスク」にする。
  3. 一旦PCをシャットダウンする。USBディスクはそのままで!
  4. 電源をつけてバイアス画面に入る
    ※F2とかF6とかF12をか押しながら電源をつけます。ここのやり方はちょっとメーカーとか機種によりけりなので、PCについてるシールとか印字を見つつ品番を確認してGoogle検索してみてください。
  5. bootの項目を探し、見つけたらUSB Flash Discが上に来るように設定する。
    ※OSを起動(boot)する際に参照するディスクの優先順位をここで設定できます。
  6. バイアス画面での変更を保存して、一旦再起動します。
  7. Ubuntuのインストーラー画面に来ます。
    ここで、[Ubuntuを試す]か[Ubuntuをインストールする]かを選択します。
  8. キーボードや言語の設定を行い、Ubuntuを他のOSと併用可能な形にするか、ディスクを削除してインストールするかなどを選びます。
    ※今回はUbuntuを他のOSと併用可能な形にするを選択します。
  9. 案内に従ってインストーラーを進めていきます。終われば、再起動を求められます。
  10. 上手くいけば、UbuntuとWindowsがデュアルブート出来るようになっています。
    ※上手くいかない場合はバイアス画面でbootの設定を触って試行錯誤してみてください。
  11. Ubuntuの日本語入力がうまくいかない場合は言語パッケージとかをDLしてみてください。

参照:バイアス画面

注意事項

  • OSの導入は、自己責任でお願いします。
  • ダウンロードしてくるとき、不安定なネットワーク環境でやらないように!ノイズとかもありますし・・不具合の原因にもなります。
  • PCのメーカーや機種、使ってる部品によっては、ドライバとの相性が悪くて正常に動作しない場合もあります。
  • 他のOSと共存したい場合は間違ってもディスク全削除しないように!

タグ: , , ,