外部サービスとの連携

こんばんは!今回は、WEBサイトと外部サービスの連携についてご紹介したいと思います。

ただサイトを作っただけでは思うようにアクセスが集められないかもしれませんが、根気よく最新情報をシェアしていけばいつか沢山の人が見てくれるようになるかもしれませんよ!とくに、最近ではパソコンについて詳しくない人でもFacebookやTwitterは利用している!といった感じにSNS利用者の数も多くなっています。そういった人たちをターゲットにしてアプローチしていきましょう!

 

シェアボタンを追加する。

さて、早速ですがWEBサイトへシェアボタンを追加する方法について簡単にまとめたいと思います。

シェアは日本語にすると「共有」。あなたが最近追加したコンテンツや、WEBサイト上で新しく更新したことがあった時にTwitterやFacebook参加者の皆様に共有してみましょう!

シェアボタンの例

このようなシェアボタンがあればFacebookやTwitterなどのSNS(ソーシャルネットワーキングサイト)と連携が取りやすくなりますよ!

シェアボタンを追加するサービス

SNSによって、それぞれ少しずつ使用詳細が異なります。それぞれのガイダンスに従って画面を進めば、コードが発行できますのでそれをご自分のサイトに貼り付ければ上記画像のようなシェアボタンが現れます。

■Facebookの場合

https://developers.facebook.com/docs/plugins/share-button

Facebook developer

■Twitterの場合

https://about.twitter.com/ja/resources/buttons

Twitterボタン

・ブラウザ上にシェアボタンを追加する方法

■mixiの場合

http://developer.mixi.co.jp/connect/mixi_plugin/mixi_check/spec_mixi_check/

Mixi Developer Center

■Lineの場合

https://media.line.me/howto/ja/

Lineで送るボタン

■Google+の場合

https://developers.google.com/+/web/share/?hl=ja

Google Developers

■はてなブックマークの場合

http://b.hatena.ne.jp/guide/bbutton

はてなブックマークボタン

ブラウザからページをシェアする方法

こちらは、インターネットブラウザに拡張機能(Firefoxならアドオン、Googlechromeならエクステンション)を追加することで、ツールバーや右クリックメニューの中にシェアボタンを追加する方法です。
サイト運営のみならず、面白いと思ったWEBコンテンツをシェアしたい時にも役立ちます。

まずは代表的なWEBブラウザをご紹介します。

Firefox:Mozilla財団が運営する、WEBブラウザ界で老舗のブラウザ。有志たちが募って便利なアドオンを日々開発されています。カスタマイズの自由度が高く、非常に完成度の高いブラウザです。
Google Chrome:通称Chrome(クロム)。検索エンジンサイトでお馴染みのGoogle産ブラウザ。シンプルな外観と、各種Googleサービスの機能を最大限活用します。また、とてもパワフルで他ブラウザでは重いコンテンツもサクサクと読み込んでくれます。
Opera:ノルウェー産のブラウザで、GoogleChromeのオープンソースプロジェクト「Chromium」で動いています。初期状態から快適にネットサーフィンが楽しめるような、かゆい所に手が届く独自技術が光るブラウザです。

次に、拡張機能をご紹介します。

■Facebook用シェアボタン

■Firefox用
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/facebook-share-button/

■Chrome&Opera用
https://chrome.google.com/webstore/detail/facebook-share-button-by/jnnkijcihjiopdcfliikldphgdjadekf

■Twitter用シェアボタン

■Firefox用
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/tweetright/

■Chrome用
https://chrome.google.com/webstore/detail/tweet-this-page/ppilhaolhbpfembaoedfdbkegfedfgip

■Opera用
https://addons.opera.com/ja/extensions/details/tweetright-2/?display=en

もちろんこの他にも沢山の拡張機能がありますので、興味のある方は探索してみると面白いですよ!

SNS側の更新情報を表示する。

よく見かけるのが、WEBページのサイドバーに埋め込まれているパターンです。もちろん外部のサービスを主体的に見せる訳ではありませんが、FacebookやTwitterをやっている人には興味深い情報かもしれません。
「とりあえずフォロー」してもらい、タイムライン上にあなたのサイトの更新情報が表示されたら、アクセス数も増えるかもしれませんよ!

・Facebook likebox
もしあなたがFacebookページをお持ちなら、WEBサイト上にもそのFacebookページを埋め込むことが出来ます。

・Twitter埋め込み
Twitterのタイムラインをサイトに埋め込むことも出来ます。

・RSSリーダー
RSSは、ブログサイトなどの更新情報をサイト上に表示するサービスです。WordpressもRSSに対応しています。

■動画を埋め込む
動画サイトで有名なYOUTUBEやDailymotion。もちろん動画のプレイヤーをサイト上に埋め込むことも可能です。
動画下部の「共有」から、埋め込みコードを発行することが出来ます。

■地図を埋め込む
企業サイトを作るなら、運営会社の住所なども共有しておきましょう。アクセス数だけでなく、来店者数も増えるかもしれませんよ。

■Skypeボタンの作り方。
WEBサイト上でSkypeボタンを置いておけば、ユーザーはSkypeからあなたに話しかける事ができるようになります。

■Lineでシェアボタン
Lineの友達に、あなたのサイトをシェア出来るようにもなります。

いかがでしたか?世の中には様々なWEBサービスがありますが、今回はせっかくだからそれらのサービスとWEBサイトを紐付けしようというお話でした。
サイトの更新があったら即お知らせして、色んな人に見てもらいましょう!

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,